YSD YOSHIDA PACKAGE CO.,LTD.

HOME > ブリスターパッケージや工業用部品トレーについて > 工業用部品トレーの素材についての基礎知識 > 製品に傷がつかないように保護するトレー

製品に傷がつかないように保護するトレー

製品に傷が付くと評価が下がります

もし最高の技術で、最高のメンバーで、
最高の機能やベネフィットがある製品を生産しても、
製品の移動や移送の段階で傷が付けば、製品の評価は下がります。
本当にもったいないことです。
ではどうしたら製品を傷から守ることが出来るでしょうか。

製品を傷から守るトレー

トレーがあれば、製品を傷から守ることが出来ます。
トレーとは、工業用のトレーのことです。
電子機器の部品等を入れるものです。

製品と製品が触れ合うと、傷が付き易くなります。
また、変形や破損等も起こります。
しかし、トレーがあれば、製品と製品が触れ合わなくなります。

この時、重要なことは、製品に合った形態、素材、
厚みのトレーを使用することです。
製品に合っていないトレーだと、傷が付く可能性があります。
トレーとトレーを重ねた時にも、傷が付く可能性が高くなります。

また、トレーには製品の数を管理し易いというメリットがあります。
トレーがあれば、製品の数を間違えることも少なくなります。

トレーは、トラブルを防止し、製品管理を容易にします。
弊社では様々なトレーを用意しております。
大きく分けると、専用トレーと汎用トレーの二種類があります。
トレーについては、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。