YSD YOSHIDA PACKAGE CO.,LTD.

HOME > ブリスターパッケージや工業用部品トレーについて > 部品トレイの種類と用途についての基礎知識 > レンズトレーの特徴と使用例

レンズトレーの特徴と使用例

レンズトレーは、主に光学レンズ、プリズムなどに使用される工業用部品トレーになります。
レンズなどの製品は、微量の汚れでも製品の品質に大きな影響を及ぼすため、
レンズトレーは厳格な管理の元に成形される必要があり、また成形後の管理も重要になります。


「レンズトレーの特徴と使用例」

汚れの付着が許されない製品を保管するトレーであることから、
クリーンなトレーであるといった特徴があります。
レンズトレーはレンズの保管だけでなく、電子部品、液晶画面、携帯電話など、
その他ホコリの付着や傷の防止が必要なあらゆる製品の保護・保管に使用されています。


「洗浄・梱包の重要性」

レンズトレーはその使用目的から、汚れが全くないクリーンなトレーである必要があります。
そのため、レンズトレーは成形後の洗浄が非常に重要になってきます。
さらに、洗浄後の汚れの付着を防ぐためにも、クリーンルームでの梱包が望ましいといえます。

ヨシダパッケージでは、レンズトレーを始めとした工業用部品トレーの制作を行っています。
工業用部品トレーの制作をご検討でしたら、お気軽にご相談ください。
金型社内生産という強みを活かして、高品質で低価格な製品をご提供します。